出展作家紹介

 

4月出展

販売期間:2018年4月8日(日)〜29日(日)

 

★印:4月7日プレオープンより販売開始!


 【もっけら】sunaco 

既存の妖怪をモチーフとしたオリジナルデザインの紙小物を作っています。現在はポストカード、ぽち袋、手ぬぐいを販売中です。主に京都の手作り市で出店活動しております。よろしくお願いいたします。



 

張子の狐面を中心に制作、販売しています。



 amibozu

編みぐるみを中心に、妖怪や動物モチーフの作品を作っております。 主に関西圏でのイベント参加や委託販売をさせていただいております。




【のふゑ】谷口 

お面やポストカードなど奇妙なモノ作ってます、貴方のお気に入りの1つになれば幸いです。




【しみいり】
生き物がすきで、造形をしたり、クリーチャーデザインをしています。
モノノケ市では、生き物がモチーフになった妖怪を中心に作品をつくって出店していました。
鵺の猿面、怪鳥の襟巻き、怪眼ブローチ、ポストカードやステッカーなどを委託いたします。



マル(maru)
樹脂粘土で人魚をモチーフにピルケースなどの小物、リボンロゼットやレジンアクセサリーなどを作っています。
普段は京都造形大の学園祭でアクセサリーにクソポエムを添えて販売しています。



【はちたま堂】猫又平蔵 

消しゴムはんこで妖怪や猫、浮世絵など和風なものを制作しています。




【葛玉硝会】siro 

休日の火遊びでガラスの目玉を作っています。




【奇常屋】翆色 

いきものを描くのが好きです。あでやか・怪しく・艶やかで色鮮やかな絵を描いています。




【彼岸屋】豆切

2017年10月、彼岸屋としてモノノケ市初参加。

作品は眼球・霊符・彼岸花の意匠を主体とした

『妖怪が気軽に着けられる怪しい装身具』。




【うそぶき蔵】紺ノ葉 

狐系雑貨を制作する創作活動ユニット。狐面チャームを中心に、簪やキーホルダーなど制作。今ではイベント出展から要望があればワークショップも開催。




【神経衰弱.COM】ツギ 

妖怪シュシュの委託がメインですが普段は単眼猫デメネコの捕獲&里親探しをしています。

異様な見た目から生きる妖怪と比喩され、ついには二又の妖怪『デメマタ』の目撃情報が…!

ということデメマタお手玉が登場します。他デメシュシュ、シール等…




【ツクモザイク】巴

式神をモチーフにしたピンバッチや工作キット、犬神にかじられたい方向けの指輪など作っています。




【鳥取家内制手工場】

鳥取と見せかけて大阪発!

「ちょっと変で面白い」、「ありそうだが意外と見かけない」、

そんなものを目指して、ちまちまと作っていく

手製本担当のさきゅうと、色々担当の工場長の二人組の手作りユニットです。

平面立体問わず、和風や妖怪モチーフの商品を発信しております。




【もののけ堂】

気づけばアナタの傍にいるかもしれない…人間様とも仲良くなれるモノノケ達。




【SOLOMON】

関西を中心に姉妹で活動中。仮面・MASK・アクセサリーなど奇妙な小物をつくってます。




【百目屋】ひねもす

小さな妖怪のアクセサリーをつくります。 のっぺらキツネや、はんなり顔の一反木綿をどうぞ使役して下さいませ




【ぐるぐるねこ屋】廻 

Tシャツやトートバッグなど、主に布系雑貨に柄つけをしています。ぐるぐる迷いながら作品を作っています。温かい目で見守ってください。



【エスキ・ヨルジュ】珂爾魂(かにたま)

古代中南米の奇天烈図案の紹介を旨として活動中。百妖堂では1

500年の時を超えてペルーはモチェ文化の大妖怪「カニ魔王」様をご紹介。




【妖怪工房 かずくりや】にしくぼかずさ

はじめまして、食べもの妖怪工房「かずくりや」店主のにしくぼ かずさと申します。うめぼし、チーズ、だいこん、にんじん、サイダーなど、食べものをテーマにした絵本「食べ妖怪」をテーマにした、ゆるかわ和綴じ絵本を描いています。食べものたちのグッズもある楽しいお店です♪




【Panier】薫紅

妖怪をイメージしたアクセサリーを制作しております。百妖堂様にはイヤーフックとヘアアクセをメインに置かせて頂きます。




【すろうにんworks】

自身の好きな生物 妖怪を立体にしております 

特に河童は多様な立体物を作っていく予定です




【小夜啼鳥】戀華

関西を中心に展示会、即売会に参加。

透明水彩を用い、エスニックファンタジーな世界を表現。



【よもやまのもの屋】つね
モノノケ市を中心に活動中。人間社会に溶け込みたい化け狸を応援しています。